肥満犬用に変更

屋内で飼っていたり、運動不足のワンちゃんの場合、エサを与えすぎると太ります。そんな太り気味のワンちゃんのために、肥満犬用のドッグフードが販売されています。

普通のドッグフードとの違いですが、カロリーが落としてあり、糖質や脂質を抑えた栄養素が中心になっています。エサを変えるだけで体重を落とすことができますが、タンパク質やビタミンなどの愛犬に必要な栄養素はしっかり含まれていますから、毛並みや色ツヤが悪くなるようなことはないはずです。

ただ、人間と同じで、エサだけで体重を落とすのは難しいようです。やはり散歩するなどの運動をセットにしないと痩せさせることはできません。また、一般的に肥満犬というのは、食の好みがぜいたくになっており、人間と同じようなものを食べたがります。そのようなものを食べているから太っていることが考えられます。

飼い主が手こずるのは、通常食べているエサから肥満犬用のドッグフードに変えたときに、愛犬がエサを食べなくなることです。犬も、エサを減らされるとストレスが溜まるようです。太ってきたからといって、突然肥満犬用にエサを変えるのではなく、少しずつ量を減らしていって徐々に肥満犬用のドッグフードに慣らしていった方がよいでしょう。

成犬用から老犬用へ

ドッグフードを成犬用から老犬用へ変えるタイミングですが、愛犬の体力が落ちてきたときでしょう。犬にも固体差がありますから、いくつになったら老犬と呼ぶかは犬によりますが、それまで元気にエサを食べていたのが残すようになってきたり、歯が弱ってきて硬いドッグフードを噛めなくなってきたあたりで、老犬用に切り替えるのがよさそうです。

また、ドッグフードは「ドライタイプ・セミモイストタイプ・ソフトドライタイプ・ウエットタイプ」などの種類に分かれていますから、それまで乾燥状態のドライタイプを与えていたら、もっとやわらかくて食べやすいソフトドライタイプなどに変えてあげるといいかもしれません。

なお、ウエットタイプというのは、一番やわらかいドッグフードですが、肉に食感が近いため老犬の消化にあまりよくないかもしれません。獣医さんなどに相談しながら、消化に良いドッグフードを食べさせてあげてください。

エサの量は、犬の運動量などにも関係していますから、動きのおっとりした犬種と素早い動きの犬種では、エサを食べる量が異なります。歳を取ってきたとしても元気に動き回り、食欲が旺盛な場合は、無理に老犬用に切り替える必要はないでしょう。

子犬用から成犬用へ

ドッグフードを愛犬の成長に合わせて、子犬用から成犬用へと変える場合は、身体の大きさ、成長の度合いなどを目安にするのがよいでしょう。生後12ヶ月ぐらいまでは子犬用のドッグフードを与え、1歳ぐらいになったときに成犬用に変えるのが一般的です。

ところで、子犬の成長は、小型犬、中型犬、大型犬など身体の大きさによっても異なるようです。与えるエサの量は、犬の体格によって違ってきます。小型犬は約8ヶ月、中型犬は約12ヶ月、大型犬は約18ヶ月ほどで成犬になります。

また、身体の大きさは犬種によって異なります。小型犬はチワワ、プードル、ポメラニアン、マルチーズ、パグ、ヨークシャーテリアなどになります。中型犬は、コーギー、ビーグル、コリー、ブルドッグ、コッカースパニエルなど。大型犬は、ドーベルマン、ボクサー、シベリアンハスキー、ゴールデンレトリバー、秋田犬、土佐犬、セントバーナードなどです。

ドッグフードを与えるときには、同じ子犬用でも、小型犬と中型犬、大型犬とで与える量を考える必要があります。ワンちゃんの体格に合ったエサの分量を与えないと、太ってしまいます。その場合は、「肥満犬用」のドッグフードが販売されていますから、カロリーを抑えるとよいでしょう。

ドッグフードの変更

ドッグフードには、「子犬用・成犬用・老犬用・肥満犬用」などの種類があります。子犬用は、生後12ヶ月ぐらいまでの間に与えるドッグフードです。成長期の子犬なので栄養素が豊富で、カロリーが高めになっています。

成犬用は、子犬が1歳ぐらいになったときに、子犬用から切り替えるとよいでしょう。成犬も元気いっぱいで運動量が多いことから、ドッグフードに含まれているカロリーは高め、栄養的にもいろんな成分が含まれています。

老犬用は体力が落ちてきたと思われる犬に与えるドッグフードで、犬も歳を取ると足腰が弱くなってきて運動量が少なくなってきますから、低カロリーのドッグフードがよいでしょう。また、胃腸の消化能力が弱くなってきていますから、消化しやすい材料が用いられています。

肥満犬用というのは、太り気味のワンちゃんのために作られたドッグフードです。カロリーや糖質や脂質といった栄養素が抑えてあります。タンパク質やビタミンなどの愛犬に必要な栄養素はしっかり含まれていますから、肥満犬用に変えたからと言って毛並みや色ツヤが悪くなるようなことはないはずです。

年齢別に分かれているドッグフードですが、さらに「ドライタイプ・セミモイストタイプ・ソフトドライタイプ・ウエットタイプ」などの種類に分かれます。一般的なのは、乾燥状態のドライタイプであり、ウエットタイプになると肉の食感に近くなります。その中間が、セミモイストタイプやソフトドライタイプです。

関連リンク
子犬から老犬まで全ライフステージに対応したドッグフード【アランズ ナチュラルドッグフード】